看護師 募集 高収入

『看護師募集している職場での高収入ランキング!高収入科目など』

仕事をするなら少しでも多くのお給料を貰いたいと思うのはみなさん同じですよね。
看護師の仕事は他の仕事に比べて初任給が良い分、昇給があまりないのが嫌な点です。
看護師転職11
では、どの職場が高収入を得ることができるのかランキング形式で説明していきたいと思います。
ランキングの前に注意してく必要があります。
それは、看護師の仕事は夜勤の有無で、お給料が変動します。また、役職の有無についてでも変動します。
ですので、役職がつかない夜勤をこなす常勤勤務をランキングしていきます。

 

1位 夜勤専従常勤勤務

これは、夜勤ばかり行う勤務スタイルです。
常勤で夜勤専従なんてあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、あるんです。
月に10回前後の夜勤をこなし日勤勤務は0〜2回程度です。
基本給にプラスして夜勤手当が加算されるので一番お給料が高くなります。
とはいえ、職場によって基本給や夜勤手当の金額は違いますので月収40〜60万円となっています。

 

2位 総合病院勤務

総合病院って忙しいイメージがありませんか?
総合病院の場合、救急対応なので24時間365日救急外来が稼働しています。
そのため外来でも病棟でもいつ患者さんが来るかわかりません。
通常の業務以外も救急対応もしなければいけません。
そういった点で忙しいのです。
そのため、お給料が高めの設定の職場が多いです。
月に5回前後の夜勤をこなす場合、月収45万円前後となっています。

 

3位 有料老人ホーム、特別養護老人ホーム

よくテレビで介護士の方はお給料が少ないと訴えているニュースが流れていますが、看護師のお給料は高めの設定となっています。
その理由として、施設内に常勤で勤務している看護師は少なく、看護師1人重要な役割があるからです。
また、介護業務も多く体力も使う職場です。
月収は30万円から40万円となっています。

 

診療科でのランキングでは、

 

1位精神科
2位美容系クリニック
3位訪問看護
4位透析       となっています。

 

精神科では、看護師の精神的・肉体的負担も多くあまり人気のない診療科ともいえます。
また、危険手当もつくのでお給料の設定が他の診療科よりも高く求人を募集しているともいえます。

 

2位の美容系クリニックでは、保険適用外の治療が多く専門性が必要とされた診療科です。
特に美容系クリニックでは接遇を重視する職場が多いため看護師としてのスキルだけではなく接遇のスキルも重要です。

 

3位は訪問看護です。
移動距離が多く、夜間の緊急訪問も行っています。
また、経験年数も3年以上ではないと訪問看護として働くことは困難なためキャリアのある方しか勤務することができません。
体力的も必要ですが、在宅にいる患者さんにとってはとても重要な役割を持っています。

 

4位は透析です。
透析勤務は専門的な知識と技術要します。
また、危険手当が付くので高めの設定となっています。