看護師 働く メリット

『クリニックで働く看護師のメリットまとめ』

看護師として働くにあたって、様々な職場がありますよね。
その中の1つであるクリニックの勤務についてです。

 

クリニックで働きたいと思っている方や、興味のある方は多いかと思います。
ですが、勤務したことがないと実際どのような仕事をしているのかわかりませんし、メリットが何なのかもわかりませんよね。
知らない方の多くは、クリニック勤務だと「仕事が単純そう」とか、「人間関係がややこしそう」と思っているようです。

 

今回は、クリニックで働くメリットについてお話したいと思います。
看護師転職13

まず1つめは、体力の消耗が少ないことです。

病棟勤務や施設勤務の場合、ナースコールや受け持ち患者の対応などで勤務中は施設内を走り回らなければいけませんよね。
もちろん、記録を記載する際は座っていますが、ずっと座りっぱなしというわけにはいきません。
なので、仕事が終わるころには足がパンパンに浮腫んでいるという方もいらっしゃると思います。
ですが、クリニックの場合施設の規模も小さいですしナースコールで呼ばれたり他の部署まで移動しなければいけないということはありません。

 

2つめは、介護業務が少ないことです。

介護業務とは、日常生活動作で患者さんや利用者さんが行えないことを援助することです。
もちろん、クリニックでは全くないということではありません。
ときどき、浣腸やオムツの介助、以上介助などは行います。
ですが、病院や施設勤務に比べると1割にも、満たない程度です。

 

3つめは、アットホームな雰囲気で勤務することができることです。

これは、全部が全部というわけではありません。
入職する前に、自分と合っているのかを把握したうえで就職する必要があります。
その確認方法の1つは、患者として一度受診してみることです。
患者という立場で、医師や看護師、事務の方の雰囲気や人間関係の状態が確認できます。
この、アットホームな雰囲気の何がいいのか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
一匹狼タイプの方はクリニック勤務には合っていないと思いますが、スタッフとわきあいあいと勤務したい方にとっては働きやすい環境ともいえます。
特に、クリニック勤務している方の多くは子育て中や主婦の方が多く在籍しています。
そのため、子育てに理解のある方が多いので急な欠席や早退もお互いがカバーして仕事をこなすことができます。

 

4つめは、日勤のみで固定休であること。

病院勤務や施設勤務の場合、日勤だけではなく夜勤や早出、遅出などさまざまな出勤スタイルがある上に、土日・祝日も関係なく働かなければいけないのでシフト制になっていますよね。
ですが、クリニックの場合、日勤のみで休みの日が決まっていますので、予定が立てやすく規則正しい生活を送ることができます。

 

5つめは、自分の思う看護を提供でき自分のしたい分野での勉強をすることができる。

これは、もちろん医師に相談しなければいけません。
医師からの許可が出れば、自分のやりたい看護を提供することができますし、勉強会や研修への参加をすることができます。